Login or Signup to Save Searches Search Results (0s)
How it Works
1: Bid or Buy
Find a product and click “Bid Now” or “Buyout” to purchase an item.
2: Confirm and Ship it
Rinkya talks to & pays your Seller on your behalf.
3: Consolidate Shipping
Seller ships to our warehouse. Store up to 2 months to consolidate & save on shipping.
4: Receive your Item
Request & you receive your Item(s). Enjoy!

白滝幾之助 尾瀬沼 肉筆 細密 凄腕 裏書あり 古い額 本物保証 名品

Open in Yahoo Japan End Time : 2019-10-29 22:56:49 JST Item Condition: used20 Quantity: 1
Current Bid
$1,509.43
Buyout Price
$1,509.43
This auction is not on YJ any more.
Auction Ended
Seller Information
Rate
635 / -1 (Feedback)
Average Ship Time
unknown
Bid History 1
t*R*0*** / Rating : 309
Description
Google translate is provided as a convenience. You agree you are fully responsible for understanding the native Japanese and bidding on / buying this item.
No Refunds or Returns. This item is sold as-is. Feel free to ask questions before bidding.
額サイズ横64cm縦52cmキャンバスサイズ横45.5cm縦33cm キャンバスは紙で裏に貼ってある、 和紙に白瀧とあり 題名は尾瀬沼 表にサインはあります、画面は傷なし すごくいい作品 表は保存良好、すごく上手い作家だと思う,  額はこの元の額でという条件、ガラスなし、


        1894年(明治27年)、第4回内国勧業博覧会にて「待ち遠し」が入選[1]。褒状を受け有栖川官家に買い上げ[1]
        1896年(明治29年)、下宿先で同居していた同郷の和田三造に誘われて山本芳翠生巧館画塾に入る[3]。後に生巧館画塾が黒田清輝に譲られ、天心道場となった後は黒田清輝に師事[1][3]。同年東京美術学校西洋画科に入学[1]
        1897年(明治31年)、東京美術学校卒業[1]。同年白馬会展に「稽古」を出品[1]。この出品作は国民新聞に掲載された[4]
        1903年(明治36年)、学習院女子部の築地水交社発卯園遊会で発表される公演の背景画として山本芳翠が下岡蓮杖に依頼した依頼画の制作に幾之助も参加した[5]。この依頼は依頼主である山本芳翠、下岡蓮杖のほか和田三造、北蓮蔵玉置金司湯浅一郎などが手伝った[5]
        1905年(明治38年)、絵画勉学のためアメリカ合衆国に渡り、更にその後イギリスロンドンフランスパリを巡る[1]。留学中に肖像画に興味を覚え、後の作風に反映された[1]
        1908年(明治41年)、イギリス在留中に三井物産ロンドン支店長、三井財閥室町三井家11代当主の三井高精と知り合う[3]2人の交流は長く続き、高精が現役を退いて隠居した後、大正末期頃から蒐集を始め、1940年(昭和15年)1121日より麹町の自宅敷地内で一般公開した日本人・外国人画家の作品約200点を集めた洋画コレクションである三井コレクションを完成させる際にも白滝が協力している[3][6][注釈 1]
        1911年(明治44年)帰国[1]。同年第5文展に出品した「老人肖像」「裁縫」の2点が褒状を得る[1]
        1913年(大正2年)、日本水彩画会創立に際し発起者37名に名を連ねる[7]
        1920年(大正9年)、第2回帝展に「芍薬」「コンデル博士の像」を出品[1]。この年より帝展審査員をしばしば務めるようになり、以後出品作品が無監査となる[1]
        1936年(昭和11年)4月、明治神宮外苑聖徳記念絵画館に奉納された日本画・洋画80枚のうちの一点として「ポーツマス講和談判」を奉納[8]
        1952年(昭和27年)、「洋画界に尽くした業績」に対し[9]日本芸術院賞恩賜賞[1][2]
        1960年(昭和35年)1125日、脳軟化症のため東京都大田区の自宅で死去、享年88[1]
$1,509.43
$1,509.43
$